2020年09月11日

HOSAN NP-F970 純正互換バッテリー

新型コロナウイルスの影響で幼稚園の運動会撮影がなくなった!
という同業も人も多いようだが、
自分がかかわっている園では時間短縮をして実施するという。
この時期は運動会日程が被ることも多いので
カメラ用F970互換バッテリーを4本購入した。

AMAZON
HOSAN NP-F970 純正互換 バッテリー 2個 + USB充電器
6,680円


HOSAN F970互換.jpg

これまでも何度かF970互換バッテリーを購入してきて、
カメラで使えない(LEDライトでは使える)ものや、
数回の使用で使えなくなった物もいくつかあったので、
SONY純正バッテリーにするか迷ったのだが、
4本同時購入した場合の価格が、

SONY純正F970×4本=約62,000円
F970互換×4本=約13,000円(簡易充電器×2個付き)

という大幅な差となるので互換バッテリーを選択した。

いつものことであるが信頼性不明なので、
充電〜使用状況などをチェックしてから本番の撮影に使用することにした。

■2020.9.9〜テスト開始

到着時の充電状況をNX5Rに装着して確認したところ、
HS@〜Cともに80%前後であった。

HS@A → SONY純正充電器で充電
HSBC → 付属USB充電器で充電

SONY純正充電器.jpg付属USB充電器.jpg

付属USB充電器で充電しているBCは、
80%程度の残量だったにもかかわらず
4時間経ってもランプ赤(充電中)のままだった。
しばらくしたら満充電になったが、
充電には時間がかかるのかもしれない。

↓各個体の状況

HS@(SONY純正充電器で充電)デアュル録画チェック
100%から開始
残量5%まで使用→3時間53分録画
→ SONY純正充電器で再度充電

HSA(SONY純正充電器で充電)デアュル録画チェック
100%から開始
残量0%(%表示なし)まで使用→4時間54分録画
→ SONY純正充電器で再度充電

HSB(付属USB充電器で充電)デアュル録画チェック
100%から開始
残量75%、1時間35分録画で一旦電源OFF
継続後、残量12%、4時間15分録画
録画停止後、SDカードのフォーマットをしているうちに残表示7%
→ 付属USB充電器で再度充電

HSC(付属USB充電器で充電)デアュル録画チェック
100%から開始
残量90%、1時間00分録画
 →録画なしで電源を落とさず放置
 →4時間30分後、残量0%(%表示なし)
 → 付属USB充電器で再度充電

ここまで4本をテストしたところ、
NX5Rでは10〜20%消費ごとに約1時間の録画が可能。
個体差が大きいように思うが、
新品状態であれば確実に3時間以上録画することができるだろう。
どのくらいの期間で性能が劣化していくのかは不明だが、
1本単価3,000円程度なので、
必要に応じて新品を購入してもいいのではないかと思う。

中華製は不安だという声が大多数を占めるが、
中華製を使わずには仕事が成り立ちにくいというのも事実だ。
(代表的なものとしてDJIのドローン)
これからもうまく付き合っていくことになるのだろう。



posted by fukuda at 14:13| 群馬 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

52 years old

20歳から映像業界に入ってずっと続けているわけだから、
31年と半年の間この仕事を続けていることになる。

先日、お世話になっている制作会社から、
提出する企画提案書に入れる資料として
ディレクターとしてのキャリアを教えて欲しいと言われ、
「27〜28年くらいっすかね」と答えた。
答えてみて改めて、永く続けているなと実感した。

自分が最初に所属したのは地方によくある小さな会社で、
スタッフは制作も技術も兼ねる体制でやっていた。
ブライダルも数会場かかえていたので、
入ってすぐに週末はブライダルカメラマンをやりながら、
企業VP系ではアシスタントをやる。
1年も経たないうちにカメラを任されるようになる。
この体制が良いか悪いかは別として、
早いうちからカメラマンとしての自覚を持つようになるので
自分としては良いことだと思っている。
バブルの終わり頃のことなので仕事は山のようにあったから、
この仕事はカメラマン、別の仕事ではディレクター&編集と、
色々と経験できたことは今に繋がっている。

ただ、「何でもやる」ということと、
「何でも出来る」ということは違うと今でも思っている。
自分は台本も書くし、カメラマンもやる。
もちろん編集もやる。
でも、同じ職種を30年間専門としてやってきた人より劣る。
劣るけれどもお客様にきちんとした作品を提供することはできる。
これが30年以上「何でも」続けてきた結果なのだと思う。

地方ではどこもそうだと思うが、
映像業界に入ってアシスタントから育つ人材が減っている。
自分の周りに20代、30代の世代はほとんどいない。
50代後半から60歳を過ぎたカメラマンやディレクターが
群馬県内の映像業界を支えていると言っても過言ではない。
自分などまだ若い方だ!(^^ゞ

あの頃、
ベータカム以上の高画質が世の中に出てくるなんて、
夢にも思わなかった。

BVW-70.jpg
会社のラックに今もあるBVW-70







posted by fukuda at 07:57| 群馬 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

新型コロナウィルス感染予防対策にかかるガイドライン集

先月までは一切行えなかったが、
6月に入って撮影案件がいくつか出てきた。
しかし、新型コロナウイルスの流行が収まったわけではなく、
今後も注意していかなければならない。

知り合いから紹介してもらったので、
ガイドライン集のリンク先を貼っておく。

特定非営利活動法人
ジャパン・フィルムコミッション
https://www.japanfc.org/

新型コロナウィルス感染予防対策にかかるガイドライン集

ガイドライン.png










posted by fukuda at 13:59| 群馬 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

手書き風の動画 消し込み

企業の動画を制作していると、
創業者が書いた社訓などを「手書き風にしたい」
という要望をいただくことがある。

もちろん出来る。
これまでは、書き順通りにパーツを用意し、
After Effectsでワイプやマスクを駆使する方法でやってきた。
しかし、これはとても面倒で大変な作業だ。
自分がやってきた方法だと、
特に「つ」や「ん」などに代表されるような
一筆で同じ方向に進まない部分で苦労してきた。
みんなどうやっているのだろう?と思い、
DAVICS2で聞いてみたところ、
Jitsukawa Junyaさんからこんなコメントをいただいた。

『昔のフィルム時代の線画台を使ったアニメーション技法で
              「消し込み」という方法があります。』

とりあえずやってみよう!ということで、
Photoshopで書き順とは逆から少しずつ消し、
少し消すごとにpsdを書き出してみた。
初めてのことで加減がわからないので、
「で」の右側の点の部分を4段階くらいで消した感じ。
同じ様に逆方向に消し進めていった。

消し順ファイル群.png

このファイルをEDIUS Pro8に読み込む。
この時、自分はユーザー設定のデュレーションを2フレームにした。
そのままタイムラインに配置すると消えていくことになるので、
別シーケンスで逆再生をしてみると、
カクカクとしたものになるだろうと予測していたものとは違って、
思いのほか滑らかに文字が書かれていった。
滑らかに動くような処理などは一切していない。

ユーザー設定.png




一つの文字を何段階に分けるか、
1枚の画像を何フレーム表示するかによって
文字が書かれていく速度や滑らかさに影響するので、
試行錯誤が必要にはなると思うが、
これまで最初から順番に書いていくことしか考えておらず、
とてつもなく時間がかかっていた作業が、
「消し込み」という技法を教えてもらったことにより、
作業時間の大幅な短縮につながりそうだ。
改めてJitsukawa Junyaさんにお礼を!

ありがとうございました!


<使用画像>
イラストAC:https://www.ac-illust.com/

106287.jpg








posted by fukuda at 08:54| 群馬 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

SVG (Scalable Vector Graphics)

【ビデオ制作者 ロゴデータあるある】

自分:ロゴデータのご支給お願いします。
お客様:弊社のホームページから取ってください。

ホームページを開くも、
ロゴ画像は左上に小さく表示されたものだけ。
ダウンロードしたら150×75ピクセル。

自分:もう少し大きいのありますか?
お客様:よく分からないのでそれ使ってください。

途方に暮れる。(ToT)

その会社のパンフレットからスキャンして・・・・と思っても、
表紙にはイメージ画像とキャチコピー。
社名は入っているが、ロゴは表示されていない。
裏表紙に見つけたロゴは小さく表示してあるだけ。
あぁ、これつくったデザイナーさんも苦労したんだなと知る。

ラスタ形式のGIF、JPEG、PNGなどの限界だ。
Webの場合は必要以上に大きなサイズ(高解像度のデータ)
を乗せることを避けているので仕方ない。

150×75ピクセルのデータを拡大表示したもの
ライブフォーロゴ_A_50pix.png

------------------------------

つい最近も同じ様なやりとりをして、
あきらめモードでホームページからロゴ画像をダウンロードした。

○○○○.svg

一瞬、見慣れない拡張子だなと不安になったが、すぐに思い出した!
ありがたきベクターデータだ!
EDIUS Pro8に直接読み込めないので、
ビデオ制作で利用するにはちょっと使い勝手は悪いが、
Illustratorで拡大してからPNGに出力するなどすれば、
高解像度のデータにすることができる。

SVGを試してみたい方は下記からダウンロードしてほしい。
(Windows:名前を付けて画像を保存)

ライブフォーロゴ_A.svg


ホームページに表示するロゴデータは相変わらずPNGが多い。
ほとんどのブラウザで対応しているSVGの使用頻度が少ないのは、
それなりに理由があるようだが、SVGを使ってもらえるとありがたい。
まぁ、我々のような限られた職種の人にしかメリットはないのだが。(^^ゞ



参考サイト
ferret
https://ferret-plus.com/8445

















posted by fukuda at 15:08| 群馬 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

EDIUS X

期待感高まる!






posted by fukuda at 08:11| 群馬 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

群馬でリクルートビデオ制作

自分が群馬の映像業界に入って30年が過ぎた。
納品形態がVHSテープの時代から、
デジタルデータ納品が主流の今日までに一番多く手がけたのは
「リクルート」に主眼を置いた作品だった。

「ビデオをつくりたい」という企業があれば打ち合わせに行く。
そこで聞くクライアントからの要望の多くは、
 @会社紹介
 Aリクルート
 B商品・サービスの紹介
という優先順位になっていることが多い。
一番は会社紹介となっているが、
“会社の魅力や業界での優位性を伝えて学生採用にもつなげたい”
ということで、制作進行中にリクルート寄りに変わることも多かった。
これは30年経った現在でもまったく変わらずだ。

ここで、ネックとなってきたのが「地方」であること。
就活学生にとって東京と地方では魅力に大きな差がある。
どんな地方だって「住めば都」なのだけれど、
若い人が東京で暮らしてみたいと思うのも理解できる。
ところが、その意識に変化の兆しがあるような記事を見つけた。

サイト画像.png
出典:NHK Website

アンケート数も少ないし、信頼のおける分析ではないかもしれないが、
新型コロナウイルスの影響により、人が密集する場所に怖さを感じる
という意識が出てきたとしても不思議ではない。
首都圏から地方へ流出する20〜30代の若い世代が
地元へ戻って就職先を探す機会は増えると思う。

いまのコロナ禍が収まった後、
リクルートビデオ制作の依頼が増えるのではないかと予測している。

これまでずっと発表会を中心にやってきた人は、
リクルートビデオの依頼があっても、
対応の方法が分からないのではないだろうか。
普通に計算すれば100万円くらい制作費がかかるものを
軽い気持ちで10万円程度で受注してしまい、
作品のクオリティが上げられず、クライアントも納得できない仕上がり・・・
そんな例をたくさん見てきた。
そうならないためにも、価格設定のアドバイスや、
必要であれば構成台本の作成なども請け負えるので
気軽に相談してもらいたいと思う。

有限会社ライブフォー
福田政秀
fukuda@live-4.com




posted by fukuda at 16:48| 群馬 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

撮影現場感染対策用セットを準備

自分の業界に新型コロナウイルスの影響が出始めてから
そろそろ3ヶ月くらいになるだろうか。
当初は楽観視していたが、現状は最悪の状況になっている。
休業要請やら補償のことも色々と問題があり、
うまくいっているとは言えない状況の中でも
それぞれの業界が生き抜くために様々な取り組みを始めた。
テレビのバラエティ番組なども出演者をリモートにして
なんとか継続をはかっている。
同業者の中でブームになっているのは生配信だ。
今後は企業PRの一つのスタイルとして
生配信も選択されていくのではないかと思う。

とは言え、
すべてがリモートや生配信になるとは思えない。
感染の可能性が低くなり、外出に制限がなくなってくれば
現場に人が集まり、ロケをして動画作品を創っていく。
このスタイルは間違いなく復活する。
実際に、5月末〜6月上旬のロケのオファーも来ている。
この時期であれば緊急事態宣言も解除されていると思われ、
外出に気兼ねをすることはなくなると思うが、
感染に気をつけなくて良いという意味ではない。

その状況で我々がやるべきことは何なのか?

やはり、感染防止であろうと思う。
そこで、完璧ではないが感染対策用セットを用意した。

set.JPG

<内訳>
 体温計
 マスク(2枚組×10セット)
 ゴム手袋
 除菌アルコール(手指用)
 除菌アルコール(機材用)
 除菌シート
 タオル
 透明ゴミ袋

現場のクライアント、出演者、スタッフが、
少しでも安心感を持ってもらえたらいいと思う。





posted by fukuda at 10:05| 群馬 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

映像を明るくする

さてさて、新型コロナウイルスの感染拡大で、
イベント系の撮影が中止になったり、VPの制作進行が滞ったりと、
自分にも様々な影響が出ている。
早く収束して、通常運行に戻ってほしい。

閑話休題。

自分らの仕事でよくある撮影案件として「発表会」がある。
市民会館などで行われることも多い。
出演者たちが大きな舞台の上で、
赤や青や緑に彩られたホリゾントの前で踊ったりする。
人間からの見た目は華やかでとてもいい感じだ。

しかし・・・
ビデオ撮影となると、この色鮮やかなホリゾントは
人物の顔を暗く写してしまう原因にもなりかねない。
フロントからの明かりが人物にしっかり当たっていれば良いが、
そうでない場合はホリゾントの光量に負けてしまい顔が暗くなる。
ビデオのラチチュードが狭いという理由からなのだが、
視聴する素人さんにとってはそんなことは関係なく、
「映像が暗い」という悪い印象になってしまうものだ。
舞台に限らず、照明条件が良くない環境では同じことが起こる。
logやRAWで撮影しておき、
後からグレーディングするということも選択肢に入るのだが、
現実的に2〜4時間のプログラムを
データ量の大きいlogやRAWで収録するのは、
バックアップを含めて考えると非常に厳しい。

そこで、AVCHDやXAVC-Sで撮って、
後から「明るく見せる」ということを考えてみたい。
先にはっきり書いておくが、「正しいグレーディング」ではなく、
「明るく見せる」という、ある意味邪道な方法だ。

お前それ間違ってるよ!
基礎から勉強しろよバカ!

という厳しい意見も想定内だけれども、「明るくなった!」と、
主催者からの評価が上々だったのでその方法を書いておく。
(顔を見せることができないので後ろ向きの画像を使用)

編集ソフト:EDIUS Pro8
フィルター:プライマリーカラーコレクション

@露出のみ
露出の数値を上げただけのもの。
明るくはなるがコントラストも強くなるのでキツい印象。

ガンマ0.jpg
ガンマ0設定.png

A露出+ガンマ
先にガンマを100まで上げてから露出を調整。
サチュレーションを少し上げ、カーブで暗部を引き締めている。

ガンマ100.jpg
ガンマ100設定 .png

改めてウェーブフォームで比較してみると・・・
ガンマ0(=@露出のみ)
ガンマ100(=A露出+ガンマ)

ガンマ比較.jpg

露出のみで明るくしようと試みた方は、
110%で白のクリップが始まっている。
一方、ガンマで中間部を持ち上げている方は、
110%に到達している部分はあるものの少し余裕がある。

映像を明るくするためには「輝度」と「コントラスト」で調整。
そう思っている人も多いのではないだろうか。
こんな事を書いている自分も、最近までそう思い込んでいた。
撮影素材の顔が暗くて困っている人は、
プライマリーカラーコレクションをいじってみると
自分なりの発見があるかもしれない。

【重要】
この方向は正しい調整方法ではない。
素人ウケというか、クレーム回避策程度に考えてほしい。



---2020.3.13 追記---
ガンマを上げる(暗部を上げる)というのは間違いではない。
ということを映像信号に詳しい人にDAVICS2で教えてもらった。
今回の記事は安心して使っていいテクニックに格上げ!
と、してもいいだろう。






posted by fukuda at 15:13| 群馬 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

しゃべりきりRADIO

「しゃべりきりRADIO」は、
照山さんが2019年から始めたネットラジオだ。
映像ネタを声だけで発信している。

ラジオ.png
しゃべりきりRADIO/Youtube

映像ネタである限り映像がなければ成り立たない!
と思うのであれば一度聴いてみることをオススメする。
自分は中学生〜高校生まではテレビをほとんど見ず、
ラジオばかり聴いていたので、音で聴くことの楽しさを知っているつもりだ。
今の自分の想像力はラジオから得られたものかもしれない。
主に、TBSの21時からの番組やコサキン(←懐かしい!)、
オールナイトニッポンなどを聴いていた。

ラジオの良い面は一方的でなかったこと。
飛んできた電波を受信するという意味では一方向だが、
大半の番組はリスナーからのハガキで構成されていた言っても過言ではない。
インターネットが普及してから
「インタラクティブ」という言葉が世の中に出てきたが、
そのずっと以前からラジオは「インタラクティブ」だったと言える。
こんなことを書いていると話がややこしくなるので元に戻そう。

「しゃべりきりRADIO」は、
想像力を醸成してくれるコンテンツのように思う。
映像についてまったくの無知であれば無理かもしれないが、
同業者であれば必ずうなずける部分があり、
楽しめるものと思う。

新型コロナウイルスの影響で撮影が飛んだという人も多いと思う。
その空いてしまった時間にでも一度聴いてみてほしい。


映像系ネットラジオを始めた訳。(note/照山明)






posted by fukuda at 09:35| 群馬 ☔| Comment(3) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする