2016年09月27日

リクロッカーTEST

Blackmagic Micro Converter SDI to HDMIが安い!
ちょっと待てよ、なんでこんなに安いんだ?
Mini Converter SDI to HDMIは相変わらず19,500円だよ。
ワナ?罠なの?

実は先日の現場で、Mini Converter HDMI to SDIのBNC端子が
接触不良(本体内の緩み)で映像が出ないということがあった。
幸いにも出力が2系統だったので差し替えてトラブル回避できたが、
コンバーターは予備も含めて複数必要だと痛感した。
本当なら同一機種を3〜4台所有しておくべきだが、
種類が多いので全種類複数台持ちはなかなか難しい。
おいおい追加していくつもりだ。

さて、ようやく本題。
今回はこの2機種をそれぞれ1台ずつ購入した。
Blackmagic Micro Converter SDI to HDMI
Blackmagic Micro Converter HDMI to SDI
本日届いたので、以前から気になっていた
SDI to HDMIのリクロッカー(リピーター)としての機能をテストした。
(テスト中の写真撮るの忘れた!)

カメラ:HXR-NX5J
モニター:iKan9インチ
同軸ケーブル:5CFW(50m)

カメラのBNC端子から出力したHD信号をSDI to HDMI に入力し、
HDMIケーブルでモニターに入力して確認した。
同軸ケーブルを50m、100m、150mとJJで繋いでいったところ、
200mで信号が途絶えた。
少なくとも150mまでは延長できることがわかった。
電源はUSB端子になっているので、
モバイルバッテリーなども活用できるだろう。

測定器で信号を監視したわけではないので、
キレイなHD信号であるかは不明だが、
イベントの映像出しなどでは問題になることはないだろう。
耐久性については使っていかないとわからないが、本体は頑丈な印象だ。

テストしてやったぞ!という感じで偉そうに書いてみたが、
ただ繋いで映像が出るか確認しただけだ。(笑)
でもまぁ、安さに不安を感じて購入を躊躇している人には
使えることが分かっただけでも役に立ったのではないだろうか。


sth.png
http://www.system5.jp/products/detail74914.html





posted by fukuda at 17:02| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

Libec=櫻井さん

「はぁ?リーベック?買わねーよ!」という時期が確かにあった。
安いけどそれなりの性能で不満も多かった。
それほど昔のことじゃない。

それが今や、“性能と導入コストのバランスが取れた良い製品”
という認識が浸透している。
開発陣の努力をマーケティングが世間に示した理想的な結果だ。
特に櫻井氏の功績は大きいと自分は思う。
それはたぶん自分だけじゃなく、
この業界の多くの人がそう思っていることだろう。
ユーザーとフレンドリーに接する担当者は他のメーカーにもいるけど、
facebookでいじられキャラをやりつつ自社製品をしっかりPR!
そんな人はほとんど見かけない。

「Libec=櫻井さん」
このイメージを持っている人、けっこういると思う。

数年前にENGカメラを乗せる三脚を更新するとき、
自分がまっさきに検討したのがLibecのRSP-750だった。
Vinten Vision10からの更新だった。
新しい番組のレギュラーを請けたタイミングだったので、
RSP-750を2台導入した。
ライブフォーのメイン三脚だ。
もちろん同時にVintenも検討したが、
“性能と導入コストのバランス”でLibec RSP-750に決めた。
実はこの時、櫻井氏の顔がチラついた。
Vintenの担当者の顔は浮かばなかった。(知らないから当然だけど)
Libecの勝ち!
その後、ALX S8 KITも導入している。
こういう同業者、他にもいるんじゃないだろうか?

マーケティングって重要だと思ったので書いてみた。


Libec.png
http://www.libec.co.jp/




posted by fukuda at 10:23| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

48歳になりました。

本日9月10日で48歳だそうです、自分。
facebookへたくさんのコメントを頂きました。
気持ちのこもったメッセージありがとうございます!

書いている本人が「こんなのでいいのか?」と疑問に思うことも多いこのブログを、
たくさんの方が読んでくれます。
映像機器の展示会などで初めてお会いしたときに、
「いつもブログ読んでます、本人とお話できるなんて光栄です!」
と云うようなことを言われることも多いのですが、
みんな間違ってるから!
光栄に思われるような有意義な情報出してないから!

でもまぁ、役に立つ記事は今後も書けませんが、
都会とは違う制作体制、都会とは違うクライアント事情、
所有できる機材などなど、
田舎の映像制作者として共感できることは書けそうです。
今後とも「地方プロダクションの映像制作」をよろしくお願いします。

無題.png

※久しぶりに「です・ます調」で書いてみました。




posted by fukuda at 15:10| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

SONY HXR-NX5R/MCX-500

この組み合わせが最高!とは言わないが、
シンプル&コンパクトなマルチカメラ収録を望んでいる人たちには
朗報以外のなにものでもない。


HXR-NX5R.jpg

HXR-NX5R
希望小売価格:380,000円+税
http://www.sony.jp/nxcam/products/HXR-NX5R/

カメラとして順当に進化したと言える。
コストパフォーマンスも良い。
光学20倍×全画素超解像ズーム2倍で舞台収録にも対応できる。
(全画素超解像ズームを自分の目で見ていないので自信を持って大丈夫とは言えない)



MCX-500.jpg

MCX-500
希望小売価格:260,000円+税
http://www.sony.jp/switcher/products/MCX-500/

幼稚園やダンス教室の発表会収録であれば4入力で充分。
一番嬉しいのは、レコーダー内蔵となっているところ。
AVCHDレコーダー単体として考えてもいいくらいの価格だ。


NX5R×3台、MCX-500×1台をメーカー希望の価格で買っても1,400,000円。
時代は4Kに突入という雰囲気もあるが、
どちらの機種もファームアップで機能改善をしてくるはずなので
HDでの制作を続けるうちは使っていけると思う。




posted by fukuda at 11:39| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

EDIUS Pro8 (Ver.8.22b623)

QuickTime for Windowsの脆弱性とアップル社におけるサポート終了に基づく
アンインストールの推奨で困っている人(迷っている人)は多い。

QuickTime for Windowsサポート終了とEDIUSのご利用について

その問題に対応したVre8.22が発表された。

EDIUS Pro8新機能
EDIUS アップデーター

QuickTime for Windowsのアンインストールによって
扱えないファイルが出てきてしまうのも事実としてあるが、
安全に使用するためには必要な対応なのかもしれない。
(どうしてもアンインストールできない事情がある人はムリにしない方がいい)

それにしてもGrassValleyは対応が早くて良い!


e822.png






posted by fukuda at 12:35| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

NHKスーパーハイビジョン 4K/8K

近所で8Kが見られるらしいことを知った。
期間中、どこかで前橋放送局に行って見てこよう。
さりげなく書いてあるけど、
オリンピックを8Kで見られるってすごくない?

NHK.jpg

NHKスーパーハイビジョン
http://www.nhk.or.jp/shv/





posted by fukuda at 20:09| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

『シン・ゴジラ』観てきた。

日曜日に『シン・ゴジラ』を観てきた。
自分ごときが批評できないし、するべきではないので感想を。

予告編をネットで見たとき、庵野秀明監督だな、
エヴァンゲリオンだな思った。
なぜそう思ったかは実は自分でもわからない。
たぶん広角の画が印象に残ったからだと思う。
それが庵野秀明監督的かと言われると自信はないが、
少なくとも自分はそういう印象を持っている。

テレビでエヴァンゲリオンをリアルタイムで見ていない。
そういうアニメがあったと知ったのはパチンコ屋だった。
2005年ごろなので10年以上前か。
台の存在は知っていたが、興味が無かったので打たなかった。
たしか給料日一週間前くらいの日曜日で、
全財産(貯金なし。食費も含めた本当の意味での全所持金)が
2万円程度だったと思う。
普通に生活するにはきっと充分なお金だ。
1日2,800円使えるし。
そんな状況でパチンコ屋へ行き、あっさり1万円以上負けた。
残り5,000円程度を持って帰れば、
給料日までまぁなんとか過ごせるか。
店を出ようとするとエヴァンゲリオンのシマが目に付いた。
けっこう出てるじゃないか!
エヴァンゲリオンを打った。
バカだな、この頃の俺。(今もあまり変わらないかw)

投資1,000円くらいで当たって、帰るときには10万円くらい持っていた。
そりゃ、好きになりますよ、エヴァンゲリオン。
友人にDVDを借りてテレビ放送分は一通り見た。
全部ではないが劇場版も観た。
それで、なんとなく知っている気にはなっている。

ゴジラから話がそれた。

庵野秀明監督的、エヴァンゲリオン的かはさておき、
怪獣があばれてガォー!ワー!という映画でないことは確かだ。
自分は『シン・ゴジラ』に日本国民全員が問題提起されたと感じた。
国内の政治、アメリカとの関係、災害復興、日本国の未来・・・。

現実(ニッポン) 対 虚構(ゴジラ)

gozira.jpg


映画『シン・ゴジラ』公式サイト
http://shin-godzilla.jp/






posted by fukuda at 20:00| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

ポケモンGOをやってみた。

Screenshot_2016-07-28-18-25-59.png

テレビのニュース番組を見ていて、ポケモンGO危ねぇーなーと思った。
歩きスマホは確実に増えるだろうし、自転車に乗っててもやりそう。
海外では自動車の運転中に事故起こしたとか、崖から落ちたとか。
テレビのニュースとしては視聴率的に刺激的な方がいいのだから
日本でも大事故が起こればいいと思ってるだろうな、きっと。

それはさておき、
歩きスマホでポケモンGOをやってる奴を非難するにしても
自分が知らないことにはどうにもならないだろということで
ポケモンGOをインストールしてプレイしてみた。
実際に歩いて探すというゲームのスタイルは面白いと思った。
どうせ歩くならポケモンGOを起動しておいた方がいいと思える。
そうなると、自然とスマホ画面を見てしまう。

あぁ、やっぱ危ないや。

----------------------

ポケモンGOには関係ないけど、
今日は母校である前橋育英高校が甲子園行きを決めた。

DSC_0611.JPG




posted by fukuda at 18:44| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

すげ〜よ、業務用VHSデッキ!

年に数回どころか、数年に1回くらいになったVHSデッキの稼動。
さすがに録画することはなくなったが、再生することはある。
今回依頼されたのは博物館所蔵の古いVHSのDVD化案件だ。
DVDにする前に不要部分の削除と、いくつかのテロップ入れがあるので、
一旦データ化しなければならない。

さて、どうするか?
とりあえず以下の機材を準備した。

SONY SLV-NX11(民生機)
BMD Analog to SDI
Panasonic AW-HS50
iKan HDモニター
SONY PMW-EX30

DSC_0553.JPG
現在は通電することがなくなったSLV-NX11

なぜAW-HS50(スイッチャー)を入れたのか説明しておこう。
BMD Analog to SDIは、一見コンポジット信号を「HD-SDI」にしてくれそうだが、
入力がSD信号なので、「SD-SDI」が出力される。
デジタル信号になっても解像度はSDのままだ。
PMW-EX30にダイレクトに入力できない。
そこで、AW-HS50でアップコンバートをしているのだ。

では作業に入ろう。
博物館所蔵の古いVHSテープはまだ手元に無いので、
テープ棚の奥から古いVHSテープを引っ張り出し、デッキに入れて再生。

おや?
映像が出たり出なかったり・・・信号が安定しないぞ。
別のVHSテープに入替えてみた。
これは安定している。
念のため更に別のVHSテープを入れてみた。

ギー、ギー、ガチャ。
VHSテープが吐き出されてしまった。
って言うか、テープ出ちゃってるじゃん!
中で絡まってるじゃん!

チョキ、チョキ (ハサミの音)
このVHSテープは無かったことにしよう。

実は、SONY SVO-5800(業務用)もあるのだが、
ラックに組み込んであって自分の席から少し離れているので、
ケーブルを伸ばして接続するのが面倒で選択から外していた。

も〜、面倒だなぁ〜。
まぁでも仕方ないか。
ケーブルを延長してBMD Analog to SDIに入力。
最初に信号が安定しなかったVHSテープを再生。
HS50に入力された映像は安定している。
何本か試してみたが、すべて安定している。
SVO-5800の電源入れたのって何年前だったっけ?
ちゃんと稼動してるじゃん!

DSC_0552.JPG
SONY SVO-5800

すげ〜よ、業務用VHSデッキ!
廃棄しなくて良かった!


ついでに、ライブフォーの編集室(って言うか編集エリア)

編集室レイアウト.jpg






posted by fukuda at 16:33| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

EDIUS Pro8 静止画出力

top.png

自分の編集用メインPCは、ここで何度も書いているように
WindowsVista/32bitで、編集ソフトはEDIUS6だ。
EDIUSのバージョンを上げるとプラグインが無くなったりする。
それらのプラグインを使った継続案件があるので、
バージョンを変えずにそのまま使い続けている。
HDを編集するのに困ることもないし。

さて、6/29のエントリーでEDIUS Pro8を導入したことは書いた。
イベント現場でのポン出しが目的だったので日常的には使わないのだが、
今日はメインPCでエンコード、ノートPCで資料作成という作業だった。
この資料作成で、タイムラインからの静止画出力が必要になった。

EDIUS6であれば、ファイルを出力>静止画>で、
保存先の指定と名前を付ければ出力された。
ところが、EDIUS Pro8はファイルを出力>静止画>で、
保存先の指定と名前付けまで出来るが、それが保存できない。
[OK]ボタンも無いし、キーボードのEnterを押しても無反応。

う〜ん・・・

[Ctrl]+[T]を使えばすぐに出力される。
しかも、同時にビンに登録される。
これは便利!なのだが・・・
残念なことに保存先を指定できない。
(プロジェクトがあるフォルダの第一階層に保存される)
自分の部屋は整理整頓などしていないが、
編集の場合は、その都度素材を整理しながら進めているので
保存先を指定できないと困るのだ。

マスターフォルダ.jpg
すべての案件を同じフォルダ構成で整理している


保存先を指定できる方法として、
ファイルを出力>静止画>で保存先の指定と名前を付け、
[In/Out間を連番保存]を選べばEDIUS6と同じように保存できる。
ただし、タイムライン上で1フレームのIN/OUTを設定する必要がある。
(IN/OUTの指定をしないとタイムライン全ての連番出力が始まる!)

さて困った。
そこでDAVICS2(facebook)で質問。
すぐに良い回答が得られた!

ユーザー設定から「現在位置のフレームをビンへ追加(名前を指定)」
のボタンを追加するという方法だ。

EDIUS Pro7ユーザー運野さんからの回答だった。
さっそくEDIUS Pro8を立ち上げて確認してみたが・・・

「現在位置のフレームをビンへ追加(名前を指定)」が無い。

前バージョンの機能が無くなることはよくある。
7から8へアップするときになくなってしまったのだろう。
仕方ないとガッカリしているところに違うコメントが!
Grass Valleyの人だよ。
画像付きだよ!

静止画出力設定.jpg

「現在位置のフレームをビンへ追加(名前を指定)」
あるじゃん!あるじゃん!
なんで自分のには表示されなかった?
それは、カテゴリーの部分だけ変更をして探していたからだった。
その上の[利用できるボタン]を[タイムライン]にしなければ
「現在位置のフレームをビンへ追加(名前を指定)」は出てこないのだ。

気づかずに大騒ぎした自分、反省。
しかしまぁ、同じことで困っていた人もいたので、
解決されることになって良かった!

粟島さん、ありがとうございました!






posted by fukuda at 18:01| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする