2018年07月19日

EDIUS ソースブラウザー

「なんなんだこの余分なファイルは!」
収録時間は2時間程度なのに素材をEDIUSのタイムラインに配置したら
3時間半を越えていたなんて経験はないだろうか?
これは、収録素材のPRIVATEフォルダを開いていき、
最下層のSTREAMフォルダから素材をBinに読み込んだ場合に起こる。
長時間録画中に約2GBごとに分割されたファイルが
そのまま素材として認識されているものが“余分なファイル”の正体。
(※本当は余分ではなく実際のファイル)
“余分なファイル”をソフト上で繋げたものが一本化されたファイルだ。
一本化されたファイルと余分なファイルを
同じタイムライン上に読み込んでいるので、
「あれ?この素材さっきも見たような気がする」
ということも起こる。
これを回避するにはソースブラウザー経由で読み込めば良い。
ソースブラウザーを使っていない人もけっこういるようなので
社内資料を公開することにした。
(↑そんなに威張れるものではないが・・・w)

ソースブラウザー説明1.png
EDIUSソースブラウザーの使い方.pdf(他所での公開等の制限なし)

EDIUSは本当によく出来た編集ソフトで、
使い始めから直感的に操作できる機能だけで編集ができてしまうので、
最低限の機能しか使わない人も多いようだが、
便利な機能がたくさん搭載されている。
知らないことがまだまだあるはずだ!




posted by fukuda at 10:47| 群馬 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

最適な試写用データ

<注意>
記事タイトルを「最適な試写用データ」としたが、
万人にとって最適とは限らないことを断っておく。
自分の場合もクライアントに合わせて変えている。


「お客さんに見せる試写用のデータは何がいいですかね?」
と同業者から聞かれることがある。
自分は即答で「Youtube」(*1)と答えるのだが、
相手によってはYoutube=公開、と思い込んでいるので
一概にYoutubeが良いとは言い切れない。
限定公開でアップロードすれば他者に見られたり
検索に引っかかることが無いということを理解してもらえた場合は
自社アカウントのYoutubeにアップしている。
特に複数人に同じものを試写してもらう場合は有効である。

さて、YoutubeがNGの場合は選択肢は2つになると思う。
MPEG-4(mp4)とWindows Media Video(wmv)だ。
画面サイズや容量なども気になる点だろう。
なお、一般のお客さんの場合はWindowsPCがほとんどなので、
今回はQuickTimeは除外している。
また、MPEG-2もWindowsMediaPlayerで
再生しないことがあるので除外している。


下にサンプル動画をアップしておいた。

[MPEG-4.mp4]
720×480/29.97p
時間:60秒
エンコード時間:15秒
ビットレート:2.0MB
データ容量:17.1MB




[Windows Media Video.wmv]
720×480/29.97p
時間:60秒
エンコード時間:44秒
ビットレート:2.3MB
データ容量:17.3MB
WMV.png



両方を見比べてみればmp4の方が画質が良いことが分かるだろう。
WMVの方が出力時のビットレートが若干高めだが、
データの容量も含めてほぼ同じだ。

ここから先は自分の経験からのコメントになる。
動画ファイルやインターネットに不慣れなお客さんに
「試写はエムピーフォーとウィンドウズメディア、どちらがいいですか?」
と聞いた場合、大抵は「ウィンドウズメディア」と答える。
「ウィンドウズ」は自分が使っているパソコンなので馴染みがあり、
「エムピーフォー」という未知の言葉と比較すると安心感があるようだ。
「パソコンで見られればどちらでもいい」という人もいる。
どちらでもいいと云うお客さんにはMP4で渡すことにしている。
ほとんどの場合、担当者一人が視聴するのではなく、
複数の人が見ることになるし、
その中にはMacを使っている関係者がいるかもしれないからだ。
スマホやタブレットでのWMVの視聴について詳しくは知らないが、
見られないものもあるらしいので、やはりMP4が無難だと思う。
また、「データ容量はなるべく軽く」という要望も多いので
ビットレートは2MB程度を選ぶようにしている。
720×480であれば細かい文字も認識できるので
ビットレートを高くして画質にこだわる必要は無い。
もう少し言うと、試写用データで最高クオリティを出さない方がいい。
最終的に仕上がったデータがキレイになっている方が印象がいいからだ。
(↑完全に個人的意見w)
ただし、最終納品形態がDVDということもまだまだ多いので、
画質が落ちるということも充分に考えられる。
自分の場合はDVD納品であっても、
1920×108のHDデータ(MP4)を渡して、
元のデータはキレイなんですよ!とアピールする意味も含めて!w




<サンプル作成環境>
Windows7/64bit
EDIUS Pro 8.53

サンプルで使用した動画は下記の素材を使用した。
http://www.openspc2.org/HDTV/




(*1)
Youtubeに限らず他のアップロードサービスも同様







posted by fukuda at 10:38| 群馬 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

8K スーパーハイビジョン

8Kはハイビジョン(1920×1080)の16倍の面積で
映像を表現する規格?・・・、と言えばいいのだろうか。
ハイビジョンテレビが家電量販店で売られるようになった頃、
それまでのテレビとは圧倒的に違う解像度に驚いた。
仕事でハイビジョン映像を扱うようになって、
最初の頃は「キレイだ!キレイだ!」と騒いでいたが、
しばらくすると慣れてしまい、
ハイビジョンがキレイなのではなく、
スタンダード画質(DVDなど)が汚いと思えるようになってきた。

4K化も一般的にはまだ途上であるが、
ハイビジョンが出た頃と比べてみると驚きは少ない。
確かに高精細ではあるが、
4Kでなければ困るということもなく、
正直なところまだハイビジョンでいいのではないかと思っている。

業務的な見地から言わせてもらえば、
ミドルレンジの映像業者にとって4Kでもデータの扱いに困っている。
(編集環境やアーカイブ環境)
現状から想像すると、8Kはもっと困ることが予想される。
技術は進歩していくのだから我々はついていくしかないのだが、
ひとずは4Kが一般的になってから考えよう!と思う。

NHKの8K紹介サイト
http://www.nhk.or.jp/8k/


先ほど8K関連の記事で目に止まったのがここ。

PRONEWS [Report NOW!]
https://www.pronews.jp/column/20180713110045.html

8Kなんてまだまだ先の話!
と思っていても、記事に出てくるEDIUS(編集ソフト)だったり、
Grass Valley HQXコーデックは自分の身近な存在だ。
8K-B60A(8Kカメラ)も昨年のInterBEEでデモを見ている。
すでに8Kを無視することはできないようだ。


8k.png








posted by fukuda at 14:07| 群馬 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

動画データ転送時のエラー

動画撮影で使用するSDカードは転送速度の速いものを選ぶので
ハードディスクへの転送エラーは無いという前提でいる人もいると思うが、
充分な速度のカードを使っても転送エラーはあり得る。
その原因がカードリーダーの場合もあるので気をつけた方がいい。
今回の事例は、会社で導入した新しいPCで起こったこと。
結論を先に書くと、
BTOパソコンの本体に組み込んだカードリーダーで転送した素材に
異常が見つかった。

NG01.jpg


上の画像はEDIUS Pro9のものだが、一瞬ノイズが入っている。
素材をプレビュー中に何ヶ所かノイズが見つかったので
最初はSDカードを疑ってみた。
デュアル記録をしていたので別のカードの素材を取りこみ直し、
上書きして確認してもノイズが出る場所は同じだった。
こうなるとカメラのトラブルも考えられるのだが、
ひとまず別のPCに取り込んで素材を確認すると・・・、問題なし。
改めて新しいPCで、USB接続のカードリーダーから取り込んだ。
問題なし!と、云う事で、
最終的にPC本体のカードリーダーの転送時エラーであると結論づけた。

ここから先はEDIUSでの話しになるが、
データにエラーがある場合、EDIUSの表示が条件によって異なる。
EDIUSを新規に立ち上げた場合や、一旦別のソフトに移動し、
改めてEDIUSに戻った場合は、ノイズが緑色で表示される。
ノイズの場所を再生して確認してみると、以降は緑色にならず、
下記のように、緑色だった部分に別のフレームの画が表示される。

NG02.jpg

この画像では数秒前の画(青空に雲)が表示されている。
絵柄によっては見落とす可能性もあるので気をつけたい。
(このサムネイル画像ではエラーが出ていると判断できないと思う)

EDIUSの画面を使っているが、原因はEDIUSではない。
Premiere Proでも同じ場所でノイズが出ていたことを付け加えておく。


使用する映像機器がベータカムからDVCAMに切り替わった当初、
アナログテープで出現するドロップアウトから開放され、
ノイズで悩まされることはなくなった!デジタル万歳!
と喜んでいたものだが、実際にはブロックノイズで悩むことになり、
ブロックノイズが盛大に出てしまったときの絶望感に比べたら、
アナログ時代の一瞬のドロップアウトの方が良かったのかもしれない。






posted by fukuda at 20:00| 群馬 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

EDIUS Pro8 XDCAM出力

SONY PDW-U1(XDCAMドライブ)は以前から所有していたが、
たまぁ〜に支給されるXDCAM素材の取り込み以外は使っていなかった。
今回、XDCAMディスクへの出力が必要になり、
EDIUS Pro8のタイムラインからの出力を行った。
こんなのは公にする情報として弱いのだが、自分の備忘録として書いておく。

EDIUS Pro8のタイムラインからの出力は問題なく行えたのだが、
Content Browserで確認すると、
タイムコードが 00:00:00:00からになっている。
しかも、カラーバーは00:00:00:00からだが、
本編に入ると02:32:19:01などとなっている。
どうやら素材のTCがそのまま反映されているようだ。
途中のバックカラー+テロップでは、また00:00:00:00になる。
これはEDIUS Pro8で作成した部分がすべてなっている。
シーケンスは 09:59:00:00からになっており、これをきちんと反映させたい。
Grass Valley EDIUS ユーザーグループで情報提供をいただきつつ、
自分でも試行錯誤の結果、ユーザー設定を変えることで対応できた。
ユーザー設定>プレビュー>再生のページで、
出力するタイムコードを、シーケンスタイムコードに変更するだけでよかった。
(変更前は、ソースタイムコードになっていた)

情報提供先
Grass Valley EDIUS ユーザーグループ

TC出力.png


最近は放送関係の仕事をほとんどやらないので情報に疎くなっている。
HDCAMでの入稿は2018年度で終了するらしい。
まぁ、HDCAMは結局所有することはなかったので関係ないけど。(^_^;)
今後はXDCAMに移行するようだが、
新XDCAM入稿基準とかメタデータとか、正直言うとよくわからない。
CMを入稿するような場合は、
信頼できるポスプロなどに依頼する方が良さそうだ。
(ちなみに、群馬県にはポスプロやMAスタジオは存在しない!)

困ったときの神頼み!と言うと大袈裟だが、
自分の編集デスクの横には頼れる会社のカレンダーがはってある。

45148.jpg

先日とても親切に対応して頂いたので宣伝!w

ティーファイブプロジェクト
https://www.prodisc.jp/









posted by fukuda at 18:49| 群馬 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

Androidスマホ画面 動画キャプチャー

過去にやったことがあるような気がしていたが、
実はやったことがなかったスマホ画面の動画キャプチャー。
AZスクリーンレコーダーをインストールしてテストしてみた。


↑録画したMP4ファイルのまま(1920×1080/30p)

上の動画は30pで録画したものだが動きも問題ない。
EDIUS Pro8に乗せての確認もしたが、
かなりキレイに録画できていると思う。
ちなみに、60pでの録画テストもしたが、
microSDに録画して転送速度が間に合わないからか、
フレームレートが15fps前後になってしまった。

ここで、
AZスクリーンレコーダーで録画した素材を編集で使おうとして
壁に当たる人が出てくると思うので解決策を書いておく。
録画した素材はプログレッシブなので、
EDIUS Pro8(1920×1080/59.94i)に乗せた場合、
カット替わりでショックがあるように見える。
本来はカットで変らなければならないのだが、
前後のフレームがダブってしまい、下のような状態になる。
(速いディゾルブをかけたような状態)

切り替わり.png

これを解決するには、素材のプロパティを開き、
プログレッシブを上位フィールドに変更してやる。
ただし、下の画像を見てもらえばわかる通り、
スマホで録画する動画は可変フレームレートなので、
直らないこともあるようだ。

プロパティ.pngプロパティ(上位).png
フレームレート 32.14fps


可変フレームレートについては過去にも書いているので、
そちらも参考にしてもらいたい。

地方プロダクションの映像制作
EDIUSでバリアブルフレームレートの素材を扱う
http://live-4.seesaa.net/article/456754979.html


以前はNTSC or PAL、60i or 30pという程度だったが、
支給される素材は多種多様化してきている。
それらに対応することも、映像制作者に求められてきている。


無題.png
AZ スクリーン レコーダー










posted by fukuda at 18:14| 群馬 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

Telop Canvas 4 〜テロップワークが変る!B〜

さて、ようやくTelop Canvas 4本番投入。
今日一日で何度同じものを作り直したことか・・・(^_^;)
苦労して作ったテロップを、
後から作った別のテロップで上書きしてしまうというミスが多発した!
もちろん不慣れなために起こしているミスなのだが、
保存に関して自分はイマイチ理解できていないようだ。

いくつかのテロップを作成して微調整を繰り返していると、
不思議な現象に遭遇する。
「上書き」と「保存」のボタンを押すときに
間違えているような気がするのだが、
Telop Canvas 4上で修正しているにも関わらず、
EDIUSに乗せたテロップに反映されないことがある。
実際には修正は反映されていて、
そのファイルがEDIUSに乗っていないだけだ。
テロップ修正時はEDIUSのタイムラインから
ダブルクリックでTelop Canvas 4を立ち上げているので、
普通に考えれば修正後はそのファイルを修正していると思う。
しかし、Telop Canvas 4の場合はその前に作ったものが修正され、
それがEDIUSに乗っていない。
自分で乗せなおせば問題ないのだが、なぜそんなことになるのだろう?
そんなことをしていると、同じようなテロップが何枚も出来てしまう。
それはまぁ我慢するとして、
単純な一行テロップであれば打ち直しもいいだろう。
しかし、30分もかけて複雑に作りこんだテロップを上書きしてしまい、
最初から作り直すのはハッキリ言って苦痛だ。

今回の失敗で学んだことは、
複雑なテロップは[保存]ボタンを何度も押して、
いくつか別のファイルとして残しておくのがいいと云う事。
こうしておけば一つを上書きしてしまっても、
少し前のバージョンとして同じようなテロップが残る。
保存に関して理解してくればそんな必要はないと思うが、
使い始めのうちはこの方法で無駄な作業を減らすようにしたい。

任せろ.jpg





posted by fukuda at 18:03| 群馬 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

Telop Canvas 4 〜テロップワークが変る!A〜

Telop Canvas 4導入後、
本番で使う機会がないまま空き時間に練習している。
基本的なことは覚えたのですぐにでも使えるようにはなった。
学習のお世話になったのがここ。
 ↓ ↓ ↓
TelopCanvas3Pro , TelopCanvas4 初級編


たぶん、いや間違いなく世界一Telop Canvasに精通している。
使いこなせるという意味では、開発者を上回っているはずだ!
その大見さんの動画は本当にわかりやすい。
Telop Canvas 4を導入することがあったら、必ず視聴してほしい。

>大見さん
褒めておきました!
「変態的」とか一言も書きませんでした!


さて、Telop Canvas 4を使ってみると、
クイックタイトラーの良い部分というのも見えてくる。
EDIUS標準付属のクイックタイトラーでは
当たり前過ぎて有難さを感じていなかったのが次の2点。

@作成時にタイムラインの映像を背景にできる
A作成結果(経過)が出力画面にリアルタイムに反映される

クイックタイトラー.jpg

表示位置を微調整したい場合にはかなり有効な機能だ。
Telop Canvas 4の場合は上書き保存後、
EDIUSの画面に戻るまで修正が反映されない。
この点に関しては今後のバージョンアップに期待したい。
本当は出来るのかもしれないが、
少なくとも今の自分にはわからない。(^_^;)

ちょっとTelop Canvas 4のマイナス点を書いてしまったが、
文字にテクスチャーを貼ることができたり、
エッジをいくつも追加できるなどの魅力がある。
文字単位で動きを付けられる機能もいい。

まだまだ練習中の域を出ていないが、
クイックタイトラーとTelop Canvas 4をうまく併用して、
効率的で質の高いテロップ作成をしていきたいと思っている。







posted by fukuda at 12:51| 群馬 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

Telop Canvas 4 〜テロップワークが変る!@〜

かなり久しぶりのブログ更新だ!
ほぼ3ヶ月放置していたことになる。(^_^;)

キッカケは数週間前。
取引きのあるクライアントからVP制作のオファーが来た。
このクライアントは以前にもVPを制作しており、
その時の先方の要望が、「テロップをテレビ番組のように!」
であった。
バラエティー番組のテロップをよく見てみれば分かるが、
単色文字の単色エッジなどはほとんどなく、
赤文字に白エッジ+黄色エッジ+黒シャドーなど、
エッジを何重にもかけてあって、
更に、強調する文字のサイズや色が変えてあったりする。
Photoshopが苦手な自分としては、その作品の制作時、
多重エッジを実現するためにIllustratorでテロップを作成していた。
Illustratorで作成→PNGで書き出し→EDIUSに読み込み。
という手順でやっていたが、テロップに修正が入ると
それはもう大騒ぎな状態だった。
(Illustratorだって決して得意なわけではない!)
そのクライアントからのオファーということは、
つまりまた、
“バラエティー番組のような派手なテロップ”が求められるという事で、
日常的にはEDIUS付属のクイックタイトラーを使っている自分には
またしても厳しい状況が予想される。

前置きがかなり長くなってしまったが、
そういう訳で「Telop Canvas 4」を注文した。
これでテロップワークがかなり楽になり、質も上がると思う。
まだ届いていないが、体験版で練習をしておき、
早めに実践投入できるようにしたいと思っている。

今後、このブログでTelop Canvas 4のレポートをしていきたい。
(気が向いたらw)


NIXUS/北海道日興通信株式会社
Telop Canvas 4
http://www.nixus.jp/telopcanvas4/


003-HD.png

↑体験版の画面にはNIXUSのロゴが入る。




posted by fukuda at 13:05| 群馬 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

EDIUSでバリアブルフレームレートの素材を扱う

かなり有効な情報を入手したので久しぶりに更新!

映像制作をしていると、「撮影はこちらでやります」
「編集だけお願いします」という仕事がある。
このような仕事は年々増えているように感じる。

家庭用ビデオカメラの画質に不満を感じることはなくなってきたものの、
写真用の数千円の三脚で撮られた素材は正直言って厳しい・・・
と、まぁいつもであればそんな事を書くのだが、
今回は「素材」のお話。

提供される素材はビデオカメラで撮影されたものばかりではない。
最近はスマホで撮影されたものもある。
画質うんぬんはさておき、スマホの素材で困るのがフレームレートだ。
30fpsなどの固定フレームレートではなく、
27.82などという可変フレームレートの素材がある。
(可変なので29.56であったり28.72など、とにかく可変だ!)
これらの素材で厄介なのが、WindowMediaPlayerやVLCなど、
PC上で再生するプレイヤーでは問題は起こらないので、
素材のチェック時に気づきにくいことだ。

問題が起こるのはEDIUSに素材を乗せたときだ。
タイムラインに配置して再生すると、映像と音がズレてしまう。
以前も経験したのだが、スマホで撮影したインタビュー素材が
10本程度あり、すべてリップがズレていた。
(正確にはEDIUS上でリップがズレる)
これは、EDIUSがバリアブルフレームレートに対応していないからだろう。
同業者から同じ事例での対応を聞くと、
映像と音のリンクを外してタイミングを合わせるなどしているようだ。
自分がこれまで有効としてきた方法は、
Youtubeにアップロードして、その動画をダウンロードするというものだ。
少なくともこれまではこれで解決してきた。

さて、今回も可変フレームレートの素材が提供されたのだが、
スマホでの撮影ではなく、
カット編集したものをMP4に変換したものだった。
その素材を使い、ある程度編集が進んだ時点で「おや?」と思った。
ほとんどが引きの画で、ガヤガヤと人や車が動いていたので
それまで気づかなかったのだ。
打ち合わせ風景のようなところを編集していて
リップがズレていることに気づいた。


話は反れるが、今回支給された素材は消防関係者の訓練の記録で、
県内数地区、数箇所で行われた訓練を関係者が撮影したものだ。
短納期に対応できるか不安であったが、
データは各地区、各箇所ごとにフォルダ分けされていて、
仮つなぎで一本化されたMP4に対して、
@**分**秒〜**分**秒(10秒)
A**分**秒〜**分**秒(15秒)
B**分**秒〜**分**秒(30秒)

など、エクセルで編集シートが作られていた。
また、仮つなぎで一本化されていない素材も、
各ファイルに編集する順番と名前が付いていて、
それらの素材の使用タイムが記された編集シートがあった。
タイムコードで管理されているわけではないのだが、
編集方法に工夫を凝らしたのであまり困らなかった。
(この方法については後日書いてみたいと思う)
素材の整理については各地区の担当者がそれぞれ行ったと思うが、
ファイルの管理や編集シートもみごとに統一されていて感激した!

それでは話を戻そう!

支給されたMP4素材をEDIUSに乗せた時の問題点は
[A] [B]の2点だ。


[A] 映像と音がズレる(いつの間にか音が先行している)

HandBrakeというソフトを紹介してもらい試してみたところ、
リップシンクが戻った。
自分の場合は[動画]のフレームレートを29.97に変えただけで、
他は何もいじっていないが、変換された素材は満足いくものだった。

HandBrake.png

HandBrake設定画面.png
HandBrake日本語版 (ハンドブレイク)
https://ja.osdn.net/projects/handbrake-jp/



[B] カットポイントで映像がダブる

本来はカットで繋がっているはずだが、
映像が切り替わるときに短いディゾルブがかかったようになる。
その上、カットの組み合わせよっては映像が歪む。
同業者の中でもあまり話題に出てこないのだが、
みんなどうしているのだろう?
自分の基本的なプロジェクト設定は、
1920×1080 59.94i インターレースだ。
ここに、プログレッシブの素材を乗せたときに高確率で発生する。
(発生しないこともあるようだ)

解決するにはプロジェクトをプログレッシブに変更するか、
素材のプロパティ[ビデオ情報]から、
フィールドオーダーを上位フィールドに変更する。
ほとんどの切替部分はこれで正常に戻るのだが、
戻らない切り替わり部分もあった。
更に言うと、一本化されたMP4ファイルの中でも、
最初から映像がダブっていない部分もあった。
このあたりは原因不明だ。

フィールドオーダー.png



最後に、
Grass Valleyさんには、バリアブルフレームレートの素材を
意識しないで使えるようにEDIUSを進化させてほしい。




-------------------

バリアブルフレームレートについてはこちらを参照。
http://aviutl.info/vfr-cfr/


自分の環境は、
Windows7/64bit/EDIUS Pro8
プロジェクト設定:1920×1080 59.94i 16:9 8bit



--- 追記 2018.02.09 ---

Adobe Premiere Pro(バージョン 12.0.1)では、
可変フレームレートがサポートされる。
https://helpx.adobe.com/jp/premiere-pro/using/whats-new.html







posted by fukuda at 20:00| 群馬 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする