2016年08月25日

SONY HXR-NX5R/MCX-500

この組み合わせが最高!とは言わないが、
シンプル&コンパクトなマルチカメラ収録を望んでいる人たちには
朗報以外のなにものでもない。


HXR-NX5R.jpg

HXR-NX5R
希望小売価格:380,000円+税
http://www.sony.jp/nxcam/products/HXR-NX5R/

カメラとして順当に進化したと言える。
コストパフォーマンスも良い。
光学20倍×全画素超解像ズーム2倍で舞台収録にも対応できる。
(全画素超解像ズームを自分の目で見ていないので自信を持って大丈夫とは言えない)



MCX-500.jpg

MCX-500
希望小売価格:260,000円+税
http://www.sony.jp/switcher/products/MCX-500/

幼稚園やダンス教室の発表会収録であれば4入力で充分。
一番嬉しいのは、レコーダー内蔵となっているところ。
AVCHDレコーダー単体として考えてもいいくらいの価格だ。


NX5R×3台、MCX-500×1台をメーカー希望の価格で買っても1,400,000円。
時代は4Kに突入という雰囲気もあるが、
どちらの機種もファームアップで機能改善をしてくるはずなので
HDでの制作を続けるうちは使っていけると思う。




posted by fukuda at 11:39| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

EDIUS Pro8 (Ver.8.22b623)

QuickTime for Windowsの脆弱性とアップル社におけるサポート終了に基づく
アンインストールの推奨で困っている人(迷っている人)は多い。

QuickTime for Windowsサポート終了とEDIUSのご利用について

その問題に対応したVre8.22が発表された。

EDIUS Pro8新機能
EDIUS アップデーター

QuickTime for Windowsのアンインストールによって
扱えないファイルが出てきてしまうのも事実としてあるが、
安全に使用するためには必要な対応なのかもしれない。
(どうしてもアンインストールできない事情がある人はムリにしない方がいい)

それにしてもGrassValleyは対応が早くて良い!


e822.png






posted by fukuda at 12:35| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

NHKスーパーハイビジョン 4K/8K

近所で8Kが見られるらしいことを知った。
期間中、どこかで前橋放送局に行って見てこよう。
さりげなく書いてあるけど、
オリンピックを8Kで見られるってすごくない?

NHK.jpg

NHKスーパーハイビジョン
http://www.nhk.or.jp/shv/





posted by fukuda at 20:09| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

『シン・ゴジラ』観てきた。

日曜日に『シン・ゴジラ』を観てきた。
自分ごときが批評できないし、するべきではないので感想を。

予告編をネットで見たとき、庵野秀明監督だな、
エヴァンゲリオンだな思った。
なぜそう思ったかは実は自分でもわからない。
たぶん広角の画が印象に残ったからだと思う。
それが庵野秀明監督的かと言われると自信はないが、
少なくとも自分はそういう印象を持っている。

テレビでエヴァンゲリオンをリアルタイムで見ていない。
そういうアニメがあったと知ったのはパチンコ屋だった。
2005年ごろなので10年以上前か。
台の存在は知っていたが、興味が無かったので打たなかった。
たしか給料日一週間前くらいの日曜日で、
全財産(貯金なし。食費も含めた本当の意味での全所持金)が
2万円程度だったと思う。
普通に生活するにはきっと充分なお金だ。
1日2,800円使えるし。
そんな状況でパチンコ屋へ行き、あっさり1万円以上負けた。
残り5,000円程度を持って帰れば、
給料日までまぁなんとか過ごせるか。
店を出ようとするとエヴァンゲリオンのシマが目に付いた。
けっこう出てるじゃないか!
エヴァンゲリオンを打った。
バカだな、この頃の俺。(今もあまり変わらないかw)

投資1,000円くらいで当たって、帰るときには10万円くらい持っていた。
そりゃ、好きになりますよ、エヴァンゲリオン。
友人にDVDを借りてテレビ放送分は一通り見た。
全部ではないが劇場版も観た。
それで、なんとなく知っている気にはなっている。

ゴジラから話がそれた。

庵野秀明監督的、エヴァンゲリオン的かはさておき、
怪獣があばれてガォー!ワー!という映画でないことは確かだ。
自分は『シン・ゴジラ』に日本国民全員が問題提起されたと感じた。
国内の政治、アメリカとの関係、災害復興、日本国の未来・・・。

現実(ニッポン) 対 虚構(ゴジラ)

gozira.jpg


映画『シン・ゴジラ』公式サイト
http://shin-godzilla.jp/






posted by fukuda at 20:00| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする