2020年05月22日

SVG (Scalable Vector Graphics)

【ビデオ制作者 ロゴデータあるある】

自分:ロゴデータのご支給お願いします。
お客様:弊社のホームページから取ってください。

ホームページを開くも、
ロゴ画像は左上に小さく表示されたものだけ。
ダウンロードしたら150×75ピクセル。

自分:もう少し大きいのありますか?
お客様:よく分からないのでそれ使ってください。

途方に暮れる。(ToT)

その会社のパンフレットからスキャンして・・・・と思っても、
表紙にはイメージ画像とキャチコピー。
社名は入っているが、ロゴは表示されていない。
裏表紙に見つけたロゴは小さく表示してあるだけ。
あぁ、これつくったデザイナーさんも苦労したんだなと知る。

ラスタ形式のGIF、JPEG、PNGなどの限界だ。
Webの場合は必要以上に大きなサイズ(高解像度のデータ)
を乗せることを避けているので仕方ない。

150×75ピクセルのデータを拡大表示したもの
ライブフォーロゴ_A_50pix.png

------------------------------

つい最近も同じ様なやりとりをして、
あきらめモードでホームページからロゴ画像をダウンロードした。

○○○○.svg

一瞬、見慣れない拡張子だなと不安になったが、すぐに思い出した!
ありがたきベクターデータだ!
EDIUS Pro8に直接読み込めないので、
ビデオ制作で利用するにはちょっと使い勝手は悪いが、
Illustratorで拡大してからPNGに出力するなどすれば、
高解像度のデータにすることができる。

SVGを試してみたい方は下記からダウンロードしてほしい。
(Windows:名前を付けて画像を保存)

ライブフォーロゴ_A.svg


ホームページに表示するロゴデータは相変わらずPNGが多い。
ほとんどのブラウザで対応しているSVGの使用頻度が少ないのは、
それなりに理由があるようだが、SVGを使ってもらえるとありがたい。
まぁ、我々のような限られた職種の人にしかメリットはないのだが。(^^ゞ



参考サイト
ferret
https://ferret-plus.com/8445

















posted by fukuda at 15:08| 群馬 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする