2010年03月04日

MXF

先日、あるファイルを見てもらうために
EDIUS Pro5からMXFファイルを書き出した。

自分の認識していたMXFファイルとは
FCP、Premiere Pro、EDIUS、AVIDなど、
MacやWindowsということを意識せずにやりとり出来るファイルだった。(過去形)
ところが自分がEDIUS Pro5から出力したMXFファイルがFCPに読み込めないという。
どうやらMXFという拡張子が付いていても、中身が違えば読み込みや
再生が出来ないらしい。
EDIUSからMXFを出力したときの詳細な設定は覚えていないが、
(って言うか何も設定をいじっていない)
その時点で間違っていたのかもしれない。

知り合いの中には実際にケーブルテレビへの番組納品を
MXFで行っている人もいる。(FCP→MXF→EDIUS Pro)
その人がテストのためにMXFを送ってくれた。
ウチのEDIUS Pro5で問題なく読み込めた。
そのファイルを参考にして、今度は自分の方からEDIUSで書き出した
MXFファイルを送った。
まだ結果は聞いていないので後日報告する。

現在は最終納品形態をテープとしていることろが多いが、
今後はMXFでの納品や、素材ファイルのやりとりをする機会が
増えていくと思われる。
その時に慌てないためにも、少し勉強しておく必要があるだろう。


■PRONEWS
ワークフローの鍵を握るMXF


---2010.3.16---
aitakuさんからサイトの情報を頂いたので追記

http://www.mpeg.co.jp/libraries/mxf/index.html






ラベル:MXF
posted by fukuda at 23:55| 群馬 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 制作系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
MXFは単なるコンテナなのでもちろん中身によって互換性が取れる取れないがアルと思われます。
どんなフォーマットで映像を入れたかが問題ですね。
Posted by おーくぼ at 2010年03月06日 13:28
おーくぼさん
MXFはもっと互換性があるものだと思い込んでいました。
意外と扱い難いものなんですよね。

Posted by fukuda at 2010年03月08日 00:16
いつも拝見させて頂いております。
mxfはあくまでラッピングの規格でして
収納できる映像・音声のコーデックに自由度有るのが悩ましいような
便利なような。
VTRからmxfへの方向転換は 確かに理解できますが
アーカイブの媒体をどうすべきか・・・
悩みますね 困った。

このサイトにも詳しく解説されております。

http://www.mpeg.co.jp/libraries/mxf/index.html

執筆者は朋栄IBEの竹松氏。
日本のmxfの第一人者であり信頼できる記事であります。
Posted by aitaku at 2010年03月16日 02:14
aitakuさん、コメント&情報URLありがとうございます。
データになるのはこのまま進むでしょうけど、アーカイブのメディアががネックになりますね。MXFが思ったより扱いにくいようなのでデータ交換も相手と相談しながら・・・になりそうです。
データになれば時間の節約が出来るんですけどねぇ。
Posted by fukuda at 2010年03月16日 08:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック