2017年04月25日

EDIUS Pro8.5(H.264エンコード)

EDIUS Pro8(Version8.50)の新機能の中で
自分が特に注目したいのがH.264エンコードだ。

早速8.5にアップデートして、
1分の動画をH.264/AVCでエンコードしてみた。
設定のポップアップで表示される最低ビットレートは5Mだが、
あえて、それを下回る2Mで実行してみた。
素材は風に揺れる逆光の新緑の葉。
かなり厳しい条件だ。

設定.png

エンコード後の動画から静止画を抜き出したので
ダウンロードして確認してみてほしい。

2M_soft.jpg
2M_ソフトウェアエンコード
激しいブロックノイズで右上に表示したタイムコードが読み取れない。

2M_hard.jpg
2M_ハードウェアエンコード
ブロックノイズが抑えられ、タイムコードを読み取ることができる。


設定のポップアップに出る最低ビットレートの5Mでもエンコードしてみた。

5M_hard.jpgタイムライン.jpg
左:5M_ハードウェアエンコード  右:タイムラインから直接出力

タイムラインから直接出力したエンコード前の素材と
ほとんど見分けがつかないレベル。


エンコードにかかった時間は下記の通り
2M_ソフトウェアエンコード:30秒
2M_ハードウェアエンコード:15秒
5M_ハードウェアエンコード:15秒

Grass Valleyからのアナウンス通り、
ハードウェアエンコードでは高速かつ高画質となっている。

なお、本文中の「ソフトウェアエンコード」とは、
[ハードウェアエンコードを使用する]のチェックを外した状態を指す。


ちなみに、
自分がEDIUS Pro8に唯一入れているプラグインのproDAD VitaScene V2も
問題なく動作している。




EDIUSWORLD.COM
http://www.ediusworld.com/jp/edius/edius_pro8/newfeatures.html

EDIUS Pro8.5(アップデーターダウンロード)
http://pro.grassvalley.jp/download/edius8.htm




posted by fukuda at 11:36| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック