2020年02月12日

EDIUSで低解像度の静止画を扱う

企業VPを制作するときに困ることの代表的なものに、
「提供された商品写真が低解像度」というのがある。
商品写真以外にも、社員の地域活動だったり社員総会の写真など、
元の画像が社内のどこにも見当たらないという状況で、
ホームページに掲載されているのが唯一の画像だということは多い。
しかし、ホームページに掲載されている画像は解像度が落とされていて、
ハイビジョンの映像作品に使うには厳しい。

この画像(640×360)を
EDIUSのHDプロジェクトに乗せると、ジャギーが目立つ。

640×360.jpg


そこで試したいのが以下のことだ。

@解像度アップ
 Photoshopで解像度を上げる

解像度を350dpiに変更すると、画像のサイズも大きくなる。
640×360 → 3111×1750

解像度アップ.png

Aサイズを大きくする
 Photoshopで画像のサイズを大きくする

幅を3111にすれば、高さは1750になる。
上の@と同じサイズだが解像度は72dpiのまま。

Bリサンプリング法を変える
 EDIUSのレイアウターでLanczos 3(高画質)などにする

レイアウター.png


自身の目で確かめてほしいので結果の画像は掲載しないが、
自分には@とAは同じ結果に見える。
Bでも少し良くなるが他のリサンプリング法を試していないので
もっと良くなるかもしれない。
いずれにしても撮影したオリジナル画像のようにはならないので
応急処置的ではあるが、何もしないよりはるかにマシになる。

タイトルはEDIUSで・・・となっているが、メインはPhotoshop。(^^ゞ

------------------------------
Windows7/64bit
EDIUS Pro8
Photoshop CC 2018




posted by fukuda at 15:27| 群馬 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]